田舎貴族日記
英国猟犬の殿下とのいなかっぺライフ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
傷心の殿下
先日、殿下と共に桜祭りに行ってきました。





IMG_5544.jpg


よきかな……







殿下がまた面白いことをしでかしてくださいましたのでご報告。




実は殿下には夕方の放送にあわせて歌をお歌いになる趣味があります。
だいたい5時くらいに童謡が流れるものなんですけれども、それが大のお気に入り。
季節ごとに違う曲が流れるので歌わない曲もあるのですが
冬に流れる母さんが夜なべするやつは大好きみたいです。
ベランダに手をかけて気持ち良さそうに歌うのはもちろん、散歩中にも歌いだします。
正直恥ずかしいんでs…あ、いえ何でもございません殿下。

春になって曲が変わった(菜の花畑に~の曲)のですが、その曲もお気に入り。
いつもの川岸を歩きながら気持ち良さそうに歌っていらしたのですが……



川にいたカモに
「ケェーッケッケッケ!!」と大笑いされて
ぴたりと歌うのをやめました



そのあとは尻尾を下げてすこし寂しそうに帰路につかれた様子が印象的でした。





カモに馬鹿にされて

本気で落ち込む犬って一体…



私たち愚民には殿下がただ遠吠えしているようにしか聞こえないのですが
もしかしたらすっごく音痴だったのかもしれません。

それをカモたちに「あいつスッゲー音痴だぜぇ~!!」と笑われて
初めて自分の歌唱力にお気づきになったのでしょうか。

今まで自分は何て歌を民に聞かせて歩いておったのかと恥ずかしくなられたのでしょうか。




それ以来、殿下は歌わなくなってしまいました。
いつも陽気で後悔という言葉の似合わない殿下ですが
傷つくこともあるのですね、案外柔な心の持ち主なのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。