田舎貴族日記
英国猟犬の殿下とのいなかっぺライフ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
殿下が狩猟に成功しました
殿下がこの世に生を受けてちょうど1年と9ヶ月のこの日。

我らが殿下が遂に狩猟に成功しました。


獲物を蹴散らしてから片足を上げるという究極のエンペラーポインティングが為に
今まで獲物を捕らえることが出来ず
最近はポインターどころか犬であることさえ疑われた殿下ですが
やはり大英帝国の由緒正しき血統を受け継いでいたのですね!

カモにのんびりと逃げられ、小鳥に挑発され、野良猫にキャーキャー言うお姿は
庶民犬として世を忍ぶ仮のお姿だったのですね!

我々がやっても道具無しには中々仕留めることが出来ない相手を
物陰に潜み息を殺し、弾より早いか遅いか一瞬でかみ殺した殿下のそのお姿は
わたくし一生忘れません、涙でディスプレイが見えません。
構えた時の眼は一流のハンターの魂を宿していましたね。






え?何を狩ったのかって?






ウサギ?
いいえ、そんな人間にも簡単に捕まるような安価な獲物ではありません。







鳥?
いいえ、ヤツはもっと素早く、そして不規則に飛び回るのです。



















ハエです。(まさかの)




いやいやいや、ハエって小さいから見失うし(背景が濃いと同化)
速さもあって捕まえるの難しいんですって!
しかも形を綺麗に残したまま微妙な力加減で殺したんですよ!




ぷんぷん飛んでるのに気付いたのか一点を見つめて動かなかった殿下。
何処向いてるんだよーハエはそっちじゃないよーw
と最初は笑って気にもしなかったのですが
どうやらハエが通るのをひたすら待っていた様子。
殿下の真正面を横切った瞬間にパクリと一口。

まさか殿下がハエを食ったとは知らず、あれ?何よエアーおやつ?
などと思っていたらペッとハエの死体を吐き出しました。

そのまま食べそうだったので慌ててオヤツで誘導して褒めておきました。






IMG_4315.jpg


お見事でしたね、殿下。
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。